水ロトムガチアンチョク

ひたすら調整を書きなぐるだけのブログ

はじめに

f:id:ayukaze:20160225225951g:plain
三つ目のブログでした。ポケブロガーを半引退ぎみなのでここを仮のメインとしてます

twitterのbioにのせたりもしないから需要があるなら自分でリンク保存しておいてください。
一覧も作りません。

旧ブログのデータについては

を見てください

バンジラス×2

f:id:ayukaze:20150528023532g:plain
バンギラス@バンジのみ
199-138-140-140-121-99
(188-0-76-100-4-140) ひかえめ
イカサマ がんせきふうじ だいもんじ れいとうビーム

216メガボーマンダの+1地震上3つ切って耐え
200ガブリアス地震確定耐え
ステロ+182ガブリアス地震最高乱数以外耐え
れいとうビームでD4ガブリアス確定一発
岩石封じ一回で意地ミミッキュ抜き

f:id:ayukaze:20150528023532g:plain
バンギラス@バンジのみ
201-183-140-*-136-82
(204-100-76-0-124-4) いじっぱり
おいうち れいとうパンチ じしんorかみくだく いわなだれ

216メガボーマンダの+1地震上2つ切って耐え
197霊獣ボルトロスきあいだま上2つ切って耐え
れいとうパンチでB4ガブリアス最低乱数以外一発


f:id:ayukaze:20150413014038g:plain
半分回復きのみを持つ事で、ガブリアス対面で一回動いても有効打のない特殊相手に遂行できるだけのHPをキープできるバンギラス
こうすることで、ガブリアスに対する偶発対面を起こしても動かしやすくなる。



語呂でバンジのみにしたが、フィラとかウイとか持たせた方が強いと思います。
というか、トリックや虫食い等を無いものとして扱うのでもなければ、基本バンジをもたせる理由はないので

ミミクレセジャローダ

f:id:ayukaze:20170914214913g:plainf:id:ayukaze:20170914214940g:plainf:id:ayukaze:20170914215021g:plain

ミミロップ@メガ
ねこだまし とびひざげり れいとうパンチorおんがえし でんじは

クレセリア@残飯
サイコショック 攻撃技(基本はめざ炎) めいそう 身代わり

ジャローダ@タスキ
リフスト 竜の波動 へびにらみ 挑発orめざ炎



メガミミロップジャローダの二枚の麻痺撒き軸が、それぞれの苦手をカバーしながらじめんタイプ全体に圧力をかけることが可能で、麻痺展開のスタート役を担いつつ単体性能を落とさないポケモンとして使用する事が可能

偽装を兼ねてクレセリアにしているが、当然
f:id:ayukaze:20170117221659g:plain
これとかも採用できる



f:id:ayukaze:20170914214913g:plain
ついでにこれに電磁波を採用する理由について

f:id:ayukaze:20151015200248g:plainf:id:ayukaze:20150329214022g:plain

この辺に電磁波を通して起点を回避することが主な目的であるが、その他にも
f:id:ayukaze:20150629015055g:plainf:id:ayukaze:20150801233717g:plain
これやこれの妨害を受けないという点も大きい。
レートで試合数を重ねていく上で、麻痺展開に対して上から催眠で圧殺するというプレイヤーや猫騙し複数回上から撃って麻痺せず対面させるという対策をするプレイヤーはそれなりに居るので、そっちのケアができることはなにげに大事である。

ちなみにカプテテフのサイキネは臆病ならH4振り非メガで下2つ切り耐えなのでテテフ対面はメガシンカせずに電磁波を撃つのが正解です。

アマルルガ

f:id:ayukaze:20170903212922g:plain
アマルルガきあいのタスキ
控えめCSorHC ゆきふらし
確定:ふぶき
選択(重要):いわなだれ がんせきふうじ げんしのちから のどれか
       だいちのちから ミラーコート
その他:ステルスロック でんじは ほうでん フリーズドライ くろいきり

ユキノオーと比べて強いところ
・防音と比べて、フリーズスキンは特性択を強いやすい
・だいちのちからを覚えるのでAに割く必要がない
ミラーコートが使える
・Aは低いものの一致で岩技が使えるのでウルガモスなどをストップできる
ステルスロック、電磁波などのサポート

弱いところ
メガシンカによる耐久の択はない
・特殊一辺倒、ウッドハンマーのような強力な物理打点ナシ
・四倍弱点がユキノオーより多い
ユキノオーより更に遅い
キノガッサに対面で勝てない
・結局だいちのちからにしたところでメガバシャーモは耐える
グロウパンチの餌になる可能性がユキノオーよりずっと高い


一時期それなりに考えてましたが、キノガッサが増えた時点で環境に合わないなあと実感したので放置中
そもそもユキノオー事体があんまり使われてないのにユキノオーとの相互換が強いかと言われるとうーむ

まじめガルーラ

f:id:ayukaze:20170815143422g:plain
ガルーラ@ガルーラナイト
性格:まじめ
メガ前:187-116-100-90-124-104
メガ後:187-146-120-110-144-124
(52-4-0-236-188-28)
おんがえし がんせきふうじ れいとうビーム だいもんじ

メガリザードンYの臆病オーバーヒート上2つ切って耐え
れいとうビームで無振りガブリアス95%(急所込み)で一発
準速キノガッサ抜き抜き
一応岩石封じ+おんがえしで無振りカプ・テテフは落ちる(はず)


何とかして他の性格でこの数値を実現できないか必死に考えたものの、こいつの素早さととくぼうの種族値が同じという如何ともしがたい事実の前に敗れ去った
誰か代わりに他の性格で同実数値が実現できるか挑んでくれないものだろうか・・・(たぶん無理だろうけれど)

S4 おまけ

f:id:ayukaze:20150528025756g:plainf:id:ayukaze:20150407011829g:plainf:id:ayukaze:20170724013638g:plain
バシャーモ@ナイト
ようきAS
とびひざ 鬼火 バトン まもる

ニドクイン
控えめHCベースでS109
ヘドロウェーブ だいちのちから れいとうビーム きあいだま

ポリゴン2
HS95まであげて残りS
トライアタック シャドーボール みがわり じこさいせい


バトン手段が思いつかなかったので鬼火バシャーモから試験的につないだやつ
最後にレート溶かすついでに色々遊んでた一部

バシャーモがこの構成だと結局ミミッキュが二度舞ってくるのであんまり解決していないことに後から気が付いた

メガジュペッタ

特に奇抜な要素もなく多くのプレイヤーが行き着くであろう調整なので公開


f:id:ayukaze:20170719111310j:image

169-208-108-*-119-96

(236-36-108-0-124-4) いじっぱり

 

防御面

233メガバシャーモフレアドライブが144~171

161カプレヒレのZハイドロポンプが142~168

156ミミッキュのかげうちが66~80

 

攻撃面

175-137カプレヒレにダストシュートが138~164

同かげうちが34~42

131-101ミミッキュにかげうちが96~114

 

大雑把な仮想敵を定めたダメージ計算はこんな感じ、ダストシュートの打点が優秀なのでいじっぱり以外はよほど眼鏡テテフが重いとかでもない限り考えにくい