水ロトムガチアンチ

ひたすら調整を書きなぐるだけのブログ

はじめに

f:id:ayukaze:20160225225951g:plain
三つ目のブログでした。ポケブロガーを半引退ぎみなのでここを仮のメインとしてます

twitterのbioにのせたりもしないから需要があるなら自分でリンク保存しておいてください。
一覧も作りません。

旧ブログのデータについては

を見てください

お悩み解決ブルル

f:id:ayukaze:20170611205838g:plain
カプ・ブルルって強そうなんだけどやっぱりボーマンダがつらいなあ・・・


なんとかならないかなあ・・・


f:id:ayukaze:20180728230521g:plain
カプ・ブルル@クサZ
ウッドハンマー いわなだれorストーンエッジ ビルドアップ なやみのタネ

なやみのタネ

効果:相手の特性を『ふみん』にする。
Zわざ:すばやさが1段階上がる。

強そうポイント
・普通にクサZで殴れる
・クサZなやみのタネで一回引かれても上からタネがうてる
・見た目のアオリ性能が高い

弱そうポイント
・そもそも大文字持たれると普通に負ける
・一緒に採用されてる鋼タイプにボコボコにされる
・対面でマンダに勝てないので封殺される


鋼タイプへの対抗策がほしいのに技スペースが足りないジレンマ
というか誰でも思いつきそうなのにググっても先駆者がいないのでたぶんそれが答え

ラスチャレで使ったの

ポケモンにおける禁忌の一つ
「全く同じ複合タイプのポケモンを二匹同時に採用する」
を破る構築を組みました。

f:id:ayukaze:20180715235508p:plain
フェローチェ やんちゃAS
ヘラクロス しんちょうHD
カプ・テテフ おくびょうBS
ランドロス いじっぱりHD
ギャラドス わんぱくHB
メタグロス ようきH165残りAS

4-3予選落ち

ヒレ多すぎて種ガン切りが完全に悪手だった気がする
ヘラクロスは独特な強さがあったけど使いこなせる気がしませんでした。

というかよく考えると対戦オフ参加が一年ぶりぐらいには隠居になっていたので戦慄している
バトレボオフの方にはずっと顔だしてたのでオフに出てない感覚がなかった)

久しぶりに見た目がバカバカしい構築を考え込んでポケモンをやった気がします。
やはり楽しかったのでまたいろいろ考えようと思います。

両刀シリーズその2 オーダイル編

前回のドデカバシに続いて
挫折の意味を込めて

f:id:ayukaze:20180428215029g:plain
オーダイルこだわりスカーフ
167-150-108-93-106-135
せっかち ちからづく
(52-196-0-36-20-204)
アクアブレイク ふぶき アイアンテール かみくだく

A HBカバルドンアクアブレイクで超高乱数二発
  無振りカプ・テテフアイアンテールで確定一発
C ふぶきで無振りメガボーマンダ確定一発

H-D カプ・テテフサイコキネシス耐え
S スカーフでカプ・コケコ抜き

おかしい、ドデカバシの方が強そうに見えてくる…?

ちからずくが強そうだったのでもっと別のポケモンを探そうとしたらろくなのがいなかった。
ニドクインはもう書いたし)



f:id:ayukaze:20170815143422g:plain
ところでこの数字、どこかで見たことありませんか?

ドデカバシ

 

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ ツツケラ

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ ツツケラ

 

 ドデカバシ@突撃チョッキ

236-148-92-4-28-0

ゆうかん ちからずく

くちばしキャノン ダストシュート ねっぷう ロックブラストorばくおんぱ

 

火力

175-117カプテテフまでダストシュートで確定一発

ねっぷうで157-116メガクチート最低乱数以外二発

 

耐久

ミミッキュのぽかぽかフレンドタイム耐え

メガボーマンダの陽気捨て身耐え

カプテテフの176眼鏡サイコキネシス耐え

 カプコケコの10万ボルト耐え

メガリザードンYのオーバーヒート耐え

 

ここがつよいぞ!ドデカバシ

くちばしキャノンで現状のアタッカーミミッキュメタグロスボーマンダなどを確実に発火させられる

ちからずくダストシュートでBに厚い眼鏡テテフすら余裕で突破できる

ちからずくねっぷうで鋼を殴れる

 ・見た目の煽り性能が高い

 

ここが物足りないぞ!ドデカバシ

・遅い

・普通に起点になるので火傷にしてもトントンになる

・ダストシュートは外れる

・ねっぷうもたまに外れる

・いちいちくちばしキャノンのエフェクトが長い

 

 

 

 ドデカバシの画像がなくてツツケラを使いましたが、以前わからなかったタマザラシからトドゼルガになって落胆した人の気持ちがわかった気がします(にっき)

S8スペレ アルセ信者の終局

TLがシングル構築で沸く中スペシャルレートの構築を公開する人間がいるらしい

f:id:ayukaze:20180313185740p:plain


・コンセプト
f:id:ayukaze:20180125210322g:plain
アルセウスの最も強い型はなーに?

そんなん身代わり瞑想に決まってるやんけ

身代わり瞑想だとワンウェポンになる、ならタイプは?

まああくタイプですよね

ということで悪アルセウスを軸として、周りにアルセを活かすための取り巻きを贅沢に突っ込む構築を組むこととした。
アルセウスがあくタイプであるため、イベルタルルナアーラネクロズマなどに伝説ミラーで強気に行ける点からそれらへのマークを若干緩めて構築が組めるのが強み。


・個別解説

f:id:ayukaze:20180313190327g:plain
メガジュペッタ
意地HDベース

積みストッパー兼対面でフェアリーにアドバンテージを取る枠
ほとんどのストッパーがレックウザ側が何らかの対抗手段(印投げつける、ステロ+しんそく
などを持つのに対して、ジュペッタは神速を無効化し、上から道連れを撃てるためあらゆるレックウザを止めることができる。

また、ダストシュートを持ち、特性で相手の持ち物を判別できるためフェアリーと対面させた場合のアドバンテージも大きく、アルセウスが隙を見せる相手への制圧性能で優れる。

構成はフェアリー相手のダスト、対面でレックだけでなくランドや物理アルセなどにもアドを取る鬼火、かげうちは無しでもいいと思うが、削ってハイエナする場面もそれなりにあったので迷いどころ

このゲーム(+竜王戦)を理解する上で最重要のポイントなのだが、一部にメタが通る状況以外でのメガシンカが言うほど強くない(レックウザ除く)ので、メガシンカで勝つという構築を組むことが非常に難しい、ジュペッタはその点最低限の仕事がこなしやすく、伝説解禁ルールにおいてパーティの柔軟性を広げる上で頭一つ抜けた強さを持つ。
メガシンカが弱いという点に気づけるかどうかがキモだと思う)

f:id:ayukaze:20180313190202g:plain
アルセウス
臆病最速身代わりが地球投げ耐え残りC

最強のポケモン
アルセウス解禁ルールにおいて、伝説のランクはアルセウスアルセウスに比肩できるポケモンウルトラネクロズマメガレックウザゲンシカイオーガ)とお膳立てしてアルセウスには張り合えないが一般と他の伝説を叩き潰せるポケモンイベルタルルナアーラグラードン、ゼルネアス)、ピンポイントの役割にねじ込むポケモン(他の伝説達)しかいない、キャラランクとはまた別で。

アルセウスの採用、身代わり瞑想をすることは割とあっさり決めて、タイプも消去法であくタイプにしたのまで、迷う余地はなかった。

どれくらい硬いかというと、1瞑想積めばコケコのマジカルシャインが持ち物なしだと4割入るか程度で、眼鏡コケコでも繰り出しタイミングに瞑想を積むとそのまま2瞑想して受けきれるぐらいには硬い。

物理面も、意地ランドロスの一致自身で大体半分はいらない程度、そして自重がやたら重いため、テッカグヤのヘビーボンバーで身代わりが割れない。
f:id:ayukaze:20151002221031g:plain
このゲームでやたら居たこいつへの耐性も高く、挑発無しだと起点にしていき、挑発があっても交代際に瞑想→毒を身代わりで透かし、から瞑想と裁きの礫(悪技だけで)で突破できる。

強さは文句なしのMVPで、このゲームがアルセゲー足り得る所以を存分に堪能できた。


f:id:ayukaze:20160518012720g:plain
ゲッコウガ
むじゃきAS

好き勝手枠一号
ブラッキーアルセウスで突破できるが、念の為もう一匹ほしいよねという枠。
後は個人的にキツイナットレイの突破もしたいのでカクトウZ
メガシンカが強くないという話をしたが、実は一般枠のZも練り込まないと全然強くないので、ピンポイントメタを仕込んでいる。
一応ゼルネアスへの打点要因でもある

水手裏剣はミミッキュの皮剥ぎ用


f:id:ayukaze:20151015200542g:plain
ランドロス
意地HD

このゲームで最も採用しやすく、どんなPTにも入ってきやすい一般枠は何か?
個人的な見解ではこのポケモンで間違いないと思う
伝説には強くないが、一般枠、伝説の取り巻きに対して出番が多く、相変わらずの過労死担当になる。
構築に少ない対クチート要因なので、クチート入りには丁寧に通したい。

チョッキは対コケコやテテフへの耐性を上げるために採用
木のみでもいいが、発動機会に怪しさを感じたのでチョッキ
耐久調整は普通のチョッキランドを流用したが、諸説なので専用調整を組むべきと思われる。

f:id:ayukaze:20180313193046g:plain
ゴチルゼル
図太いHB

受け回しとスカーフテテフを許さない枠
アルセの打点が低く、瞑想込みでないと押し込めないのでもう一匹崩しが欲しかった
ついでに、スカーフテテフを起点にできるポケモンも欲しかった。
つまりこいつ
ピンポイントメタなので、サイキネで問題なしと判断

選出は全然してません。

f:id:ayukaze:20151015200913g:plain
キノガッサ
意地AS

タスキ枠
タスキ枠は色々居るが、キノガッサにした理由はカバルドンが辛かったからです。
胞子+テクニシャンの火力範囲で突破できる伝説は十分多く、レックとネクロはこいつで相手をする必要がないので特に困る要素はなかった。伝説戦でも安定した強さをみせてくれた。

f:id:ayukaze:20180313193431p:plain

最終日前に1780ぐらいに落ちて、そこから今の形に変えてここまで
1ページ目は微妙に足りなかったけど、そもそも相手が見つからないのも多発したのでまあうんという感じ
制限ルールはいつものシングルと全然感覚が違って楽しかったですね
竜王戦の方がルール的にはよく出来ていたとは思いますが、アルセ解禁のクソゲーっぷりもこれはこれで楽しいものでした

シングル?ちょっとやったけどスペレよりレート低いので…

チョッキゲッコウガ 臆病ver

ayukaze.hateblo.jp
このゲッコウガCに下降補正をかけるとマズい事案がいくつかある
・HDボーマンダれいとうビームで確定で落とせない
・先制技の水手裏剣の火力がごっそり下がる
・折角チョッキをもたせたの使いたい悪打点が皆無

そこで、Aの方に下降補正をかけて同等の役割が実現可能か考え直した
ついでに、物理面でガブのスカーフ逆鱗は気にしなくて良さそうなので耐久も調整し直す

f:id:ayukaze:20170802011640g:plain
ゲッコウガとつげきチョッキ
157-103-88-126-110-192
(84-0-4-20-148-252)

H-D
カプ・コケコの臆病10万ボルト上2つ切って耐え
カプ・テテフの控えめムーンフォース確定耐え
臆病メガリザYのニトチャ+抜群ソラビ耐え
アーゴヨンのドラゴンZりゅうせいぐんはステロ込でも70%程度で耐える
無振りゲンガーのヘドロばくだん二回+毒一回(ウェーブ二回)2耐え

A
無振りカプ・テテフはダストシュートで確定一発
無振りカプ・コケコは確定では落ちない(先制技が必須)
カプ・レヒレは補正無しならダストシュートで確定二発

C
175-131程度のメガメタグロスまであくのはどうで確定二発
あくのはどう+水手裏剣で無振りゲンガーが約80%で落ちる


f:id:ayukaze:20171114160925g:plain
テテフぐらいまではダストシュートで下降補正でも倒せる
f:id:ayukaze:20151015200633g:plain
こいつはシールドだと硬すぎるのでCに振らないチョッキではあくのはどうで確定二発にならない


f:id:ayukaze:20161114013738j:plain
ナイトバーストください