水ロトムガチアンチョク

ひたすら調整を書きなぐるだけのブログ

はじめに

f:id:ayukaze:20160225225951g:plain
三つ目のブログでした。ポケブロガーを半引退ぎみなのでここを仮のメインとしてます

twitterのbioにのせたりもしないから需要があるなら自分でリンク保存しておいてください。
一覧も作りません。

旧ブログのデータについては

を見てください

ゴツメクロバット

f:id:ayukaze:20171107012717g:plain
クロバットゴツゴツメット
191-110-109-*-100-192(ようき)
確定:くろいきり
攻撃技:ブレバ エアスラ へど爆 から選択
補助技;前歯 羽休め 嫌な音 挑発 等



最速ゲッコウガ抜き(カプ・コケコ、ゲンガーに対しては同速にしても勝てないため)
メガリザードンXの意地逆鱗耐え
メガバシャーモストーンエッジ最高乱数以外耐え


固有のメリット
・S130族かつ黒い霧持ちであるため、ミミッキュに対して安定した後出しが可能
・怒りの前歯持ちであるため、相手の反動技(ボーマンダバシャーモ等)に対してゴツメ+反動+前歯ダメで突破できる(相手のHPがクロバットより低い場合)
・挑発を警戒させやすく、積み技を封じやすい
・すり抜けの存在から、ミミッキュの呪い身代わりに対して圧力をかけることができる。

ミミッキュポケモンは色々居るが、呪い身代わりにも安定して対処できるのは固有の強み
一方ミミッキュ以外に対してはそんなに強くはない

受け回しのコマとして使えるわけではないため、後続の起点作りを兼ねながらかき回すイメージの方が良さそう。

怪しい光がとても弱くなったのがあまりにもつらい

定期フーディン調整 三回目

前々回
臆病メガフーディン - 水ロトムガチアンチョク
前回
火力型フーディン - 水ロトムガチアンチョク



f:id:ayukaze:20160212174302g:plain
広告回避狙いとはいえ三回も同じポケモンを調整していることに驚きを隠せない

131-*-113-218-126-202
(4-0-220-28-4-252)

メガガルーラの不意打ちを急所込み87%耐え
親子愛きあいだまで207-121のメガガルーラまで親子愛2回最低乱数以外一発

BS方向に更に寄せることによりHに振ったガルーラまで対応できる火力を維持しつつ不意打ちを耐えるラインをキープできる
実践で採用するならまもるを入れないと流石に不安定だとは思う。

前回のフーディンがガルーラを無視しすぎていたので改良

クレベース

f:id:ayukaze:20170928020712g:plain

クレベース201-259(244-↑252)想定

f:id:ayukaze:20170925212919g:plain
↑2じゃれつくZ 118~141
↑2じゃれつく  61~73

じゃれZ+じゃれの瀕死率は38%(急所込み)


意地メガバシャーモフレアドライブ 122~146
    〃     とびひざげり  134~158

陽気メガメタグロスアイアンヘッド 90~108

陽気メガリザードンXの+1フレアドライブ 186~222


何が言いたいかというと
f:id:ayukaze:20170928021948g:plain
ここまでぶっ飛んだ数値しててもZミミッキュすら若干怪しいぐらいには信用できませんよってこと

f:id:ayukaze:20170928110932g:plain
ところでこいつに限らずしろいきりだけおぼえてくろいきり覚えないやつ、ちょっと墨汁ぶっかけてやりたい

バンジラス×2

f:id:ayukaze:20150528023532g:plain
バンギラス@バンジのみ
199-138-140-140-121-99
(188-0-76-100-4-140) ひかえめ
イカサマ がんせきふうじ だいもんじ れいとうビーム

216メガボーマンダの+1地震上3つ切って耐え
200ガブリアス地震確定耐え
ステロ+182ガブリアス地震最高乱数以外耐え
れいとうビームでD4ガブリアス確定一発
岩石封じ一回で意地ミミッキュ抜き

f:id:ayukaze:20150528023532g:plain
バンギラス@バンジのみ
201-183-140-*-136-82
(204-100-76-0-124-4) いじっぱり
おいうち れいとうパンチ じしんorかみくだく いわなだれ

216メガボーマンダの+1地震上2つ切って耐え
197霊獣ボルトロスきあいだま上2つ切って耐え
れいとうパンチでB4ガブリアス最低乱数以外一発


f:id:ayukaze:20150413014038g:plain
半分回復きのみを持つ事で、ガブリアス対面で一回動いても有効打のない特殊相手に遂行できるだけのHPをキープできるバンギラス
こうすることで、ガブリアスに対する偶発対面を起こしても動かしやすくなる。



語呂でバンジのみにしたが、フィラとかウイとか持たせた方が強いと思います。
というか、トリックや虫食い等を無いものとして扱うのでもなければ、基本バンジをもたせる理由はないので

ミミクレセジャローダ

f:id:ayukaze:20170914214913g:plainf:id:ayukaze:20170914214940g:plainf:id:ayukaze:20170914215021g:plain

ミミロップ@メガ
ねこだまし とびひざげり れいとうパンチorおんがえし でんじは

クレセリア@残飯
サイコショック 攻撃技(基本はめざ炎) めいそう 身代わり

ジャローダ@タスキ
リフスト 竜の波動 へびにらみ 挑発orめざ炎



メガミミロップジャローダの二枚の麻痺撒き軸が、それぞれの苦手をカバーしながらじめんタイプ全体に圧力をかけることが可能で、麻痺展開のスタート役を担いつつ単体性能を落とさないポケモンとして使用する事が可能

偽装を兼ねてクレセリアにしているが、当然
f:id:ayukaze:20170117221659g:plain
これとかも採用できる



f:id:ayukaze:20170914214913g:plain
ついでにこれに電磁波を採用する理由について

f:id:ayukaze:20151015200248g:plainf:id:ayukaze:20150329214022g:plain

この辺に電磁波を通して起点を回避することが主な目的であるが、その他にも
f:id:ayukaze:20150629015055g:plainf:id:ayukaze:20150801233717g:plain
これやこれの妨害を受けないという点も大きい。
レートで試合数を重ねていく上で、麻痺展開に対して上から催眠で圧殺するというプレイヤーや猫騙し複数回上から撃って麻痺せず対面させるという対策をするプレイヤーはそれなりに居るので、そっちのケアができることはなにげに大事である。

ちなみにカプテテフのサイキネは臆病ならH4振り非メガで下2つ切り耐えなのでテテフ対面はメガシンカせずに電磁波を撃つのが正解です。

アマルルガ

f:id:ayukaze:20170903212922g:plain
アマルルガきあいのタスキ
控えめCSorHC ゆきふらし
確定:ふぶき
選択(重要):いわなだれ がんせきふうじ げんしのちから のどれか
       だいちのちから ミラーコート
その他:ステルスロック でんじは ほうでん フリーズドライ くろいきり

ユキノオーと比べて強いところ
・防音と比べて、フリーズスキンは特性択を強いやすい
・だいちのちからを覚えるのでAに割く必要がない
ミラーコートが使える
・Aは低いものの一致で岩技が使えるのでウルガモスなどをストップできる
ステルスロック、電磁波などのサポート

弱いところ
メガシンカによる耐久の択はない
・特殊一辺倒、ウッドハンマーのような強力な物理打点ナシ
・四倍弱点がユキノオーより多い
ユキノオーより更に遅い
キノガッサに対面で勝てない
・結局だいちのちからにしたところでメガバシャーモは耐える
グロウパンチの餌になる可能性がユキノオーよりずっと高い


一時期それなりに考えてましたが、キノガッサが増えた時点で環境に合わないなあと実感したので放置中
そもそもユキノオー事体があんまり使われてないのにユキノオーとの相互換が強いかと言われるとうーむ